斉藤 しずお

斉藤しずおホームページ

ごあいさつ

平成15年の初当選以来、皆様の声に、なんとしてもお応えしたいとの思で、区民生活向上に全力で取り組んでまいりました。
特に、交通不便地域解消のための長久保循環バスや、みどりバス大泉ルート、大泉学園地域のコミュニティー・ワゴン・タクシーなど、新たなバス路線運行。少子高齢化に対応する待機児童解消のための保育園建設や、特別養護老人ホームの建設促進。また、医療と介護を推進するために大泉学園町に新病院の建設等々、多くの実績を作ることが出来ました。あらためて感謝申し上げます。今後とも、「住みやすさNo.1の練馬へ」を目指し、全力で働いてまいります。皆さまの絶大なるご支援をよろしくお願い申し上げます。

プロフィール

  • 昭和30年/横浜市生まれ
  • 神奈川大学経済学部卒業
  • 衆議院議員政策秘書(22年間)「救急救命士」制度の実現に向けて戦う
  • 平成15年練馬区議会初当選(現在4期)
  • 練馬区議会副議長、会派副幹事長 等歴任
  • 現在、監査委員、環境まちづくり委員会、交通対策等特別委員会
  • モットー/己を目的とせず
  • 趣味/音楽鑑賞、ギター
  • 家族構成/妻と長女、長男、母の4人暮らし

やります!

■安心・便利なまちづくり
◆高度医療が出来る総合病院を西部地域に誘致。
◆安心安全パトロールを強化します。
◆大江戸線の延伸を早期に実現します。
◆交通不便地域の解消をします。(バス路線・乗り合いタクシーの整備、増便)
■高齢者・障害者にやさしいまちづくり
◆高齢者が安心できる医療と介護の連携システムを構築します。
◆介護擁護老人ホームを整備し、待機者をなくします。
◆障害者発達支援センターの充実と、自立支援を推進します。
◆在宅介護者や、老老介護者の支援を促進します。
■子育てしやすいまちづくり
◆保育園を増設し待機児童を解消します。
◆子ども虐待110番を設置し、関係機関とのネットワークを拡充します。

PAGE TOP